HOME >> 性格タイプ別解説 >> 性格タイプ2の不健全な状態

2006年05月30日

性格タイプ2の不健全な状態

不健全なタイプ2は、

自分が感謝されていないと感じ、憤慨し、ひどくぐちをこぼす。

自分の動機と自分がどんなに攻撃的で利己的になれるかについて、

極端に自己欺瞞的になり始め、ごまかしがうまく、自己の利益第一になり、

他人を傷つけ、人の過ちと弱さにつけこむ。

人をさげすみ、見下す発言をするようになる。

しだいに高圧的で傲慢になり、欲するものはなんでも得る権利があると感じる。

昔の親切は報いられ、感謝の印として金が与えられ、

特別の好意が寄せられなければならない。

他人が恩を忘れることによって犠牲になり、不当に扱われたと感じているため、

自分のすることをすべて正当化し、弁解することができる。

抑圧された怒りは心身症的障害となって現れる。

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【性格タイプ別解説カテゴリーの関連記事】

性格タイプ9の通常の状態
性格タイプ2の最高の状態
性格タイプ1の最高の状態
性格タイプ9の健全な状態
性格タイプ8の健全な状態
性格タイプ9の不健全な状態
性格タイプ8の通常の状態
性格タイプ9の最高の状態
性格タイプ8の不健全な状態
性格タイプ8の最高の状態
性格タイプ7の不健全な状態
性格タイプ7の通常の状態
性格タイプ7の健全な状態
性格タイプ7の最高の状態
性格タイプ6の不健全な状態
性格タイプ6の通常の状態
性格タイプ6の健全な状態
性格タイプ6の最高の状態
性格タイプ5の不健全な状態
タイプ5の通常の状態
タイプ5の健全な状態
タイプ5の最高の状態
性格タイプ4の不健全な状態
性格タイプ4の通常の状態
性格タイプ4の健全な状態
性格タイプ4の最高の状態
性格タイプ3の不健全な状態
性格タイプ3の普通の状態
性格タイプ3の健全な状態
性格タイプ3の最高の状態
性格タイプ2の不健全な状態
性格タイプ2の普通の状態
性格タイプ2の健全な状態
性格タイプ1の不健全な状態
性格タイプ1の普通の状態
性格タイプ1の健全な状態

投稿者 管理人 on 2006年05月30日 05:49

性格タイプ2の不健全な状態を最後までお読下さいましてありがとうございます。
に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
に関する記事をお持ちの方や関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバックを受け付けています


robots.txt解析ツール